synologyにbubbleUPnPとminimServerをインストールして不満が一気に解消した件

イオニアのN-50Aとsynology DS216jを導入してから音楽を聴く環境が整ったつもりだった。

 

iPhoneで家のどこからでも好きな曲を流せるのはすごく便利だったんだけど、二つ不満があって

・パイオニアのコントロールアプリの操作性

・アルバムアートがモヤッとしててAppleMusicとかFiioX7より見劣りする

 

逆に言えばこの2つが解消されれば文句ないわけで。

 

コントロールアプリはパイオニア純正じゃなくてマランツのアプリでもコントロールはできるのでサードパーティーのアプリが使えれば良い。

どうせなからLINNのkazooとかluminみたいなリッチで使い勝手の良いアプリが使えるのベスト。

 

luminとかkazooはroonとかopenHomeって規格に対応したアプリなのでds216jとN-50AをopenHome規格のモノとして認識出来ればOK。

 

手取り早くopenHomeに対応させるならbubbleUPnPを使えば良いんだけど、synologyのパッケージセンターにはない。

とはいえbubbleUPnPのサイトにはパッケージが用意されているので、インストールできるはず。

 

  • synologyのパッケージセンターからjava8をインストール
  • インストールが終わったらjavaをアップデート(oracleの最新版に更新する)
  • コントロールパネルから全てのパッケージをインストール可能に設定変更
  • パッケージセンターの手動インストールからbubbleUPnPをインストール

 

これでbubbleUPnPでds216jをメディアサーバー、N-50Aをレンダラーとして認識させられる。

LUMINを起動すると無事認識!

f:id:afrostyle:20171011134718j:image

最初にメディアサーバーに接続した時にデータベースを作成してるせいか一覧表示もサクサクで快適。

 

kazooも試してみた。操作性はluminと同様快適。なんだけどなんでかmp3が再生できない。

あとLUMINもkazooもギャップレス再生できない。

 

MIXCDなんかだとギャップレス対応じゃないと曲間で切れるのでちょっとイラっとするかもしれない。

そういうアルバム聴くときはパイオニア純正を使えば問題ないので一旦いいかな。

mp3問題はLUMINでは問題なかったのでLUMINを使うことに決定。

 

 

f:id:afrostyle:20171011133941j:image

ただこの状態だとアルバムアートがモヤっとする。

bubbleUPnPはopenHome対応してくれるだけなのでアルバムアートがモヤっとしてるのはsynology純正?のメディアサーバーの問題かも。

 

パッケージセンター見てると同じようなものとしてはlogitecのパッケージとminimServerってのがある。

ググってみるとminimServerはLINNのサードパティーソフトウェアに記載されてるのでなんか安心感ありそう。

インストール自体はパッケージセンターからインストールすればいいのでお手軽だけど、musicフォルダの設定でちょっと悩んだ。

公式をちゃんと読めば書いてあるんだけど、synologyのファイルユーティリティからmusicフォルダのプロパティを見てパスをコピーすればOK。

 

LUMINからはメディアサーバーをsynologyではなくminimServerを選ぶだけ。

ちょっとタグの解釈が違いそうなのでアルバムの数が変わってたけど、synologyのメディアサーバーでは2枚組のアルバムなのになぜか1枚毎に分かれてたのが一緒になってたり、設定が面倒そうではあるけどかゆいところに手が届きそうな気配で好印象。

 

f:id:afrostyle:20171011145423p:image

アルバムアートもようやく普通に見れた〜

しかもパイオニア純正アプリもminimServerに繋げばアルバムアートがキレイに表示される!ただ、LUMINではちゃんと表示されてるのに純正で表示されないものもあるのでサイズとか制限があるのかも。

 

f:id:afrostyle:20171011150638p:image

MIX系は純正アプリを使うとして普段使いはもう文句ナシにLUMIN。パイオニアとか国内メーカーも見習って欲しい。

 

--

最初はN-50Aが悪いのかと思ったりして最悪買い替えとか考えてた。

でもネットワークオーディオの世界は言えばソフトウェアの世界なんで、やればどーにかなるもんだw

 

ちょっと手間はかかったけど、これでようやく眼も耳も楽しめる環境ができた。

あとは音楽を聴くだけだw 

SanDisk 200GB microsdxc を購入

Fiio X7で使ってるSDカードの空きが10GBを切ったあたりからコピーとか諸々速度低下が激しくなったので200GBを買いました。

 

入れてる音源は圧縮音源、flacdsdで自宅にsynologyを導入したあたりからよく聴くCDとか購入したCDはflacで保存するようになったのでその辺りもファイルサイズが大きくなる原因ではあります。

 

DP-X1みたいなSDカードが2枚刺さるDAPなら容量問題はもっと先送りできたとは思うんですが、現状X7から買い換える程のものとなると同じFiioのX7 MKIIかなぁ、という程度でX7MKIIはボリュームがボタンじゃないのでちょっとどうかなぁというところ。

 

そんなわけで容量の大きなSDカードを購入したわけですが、やはりレスポンスが随分違いますね。

新しいカードには古いカードからコピーではなくNAS入ってるデータをそのままコピーしたんですが、110GB位のコピーも夕飯食べてる間に終わってました。

元のカードは空きがヤバイ状態だと1GBないデータのコピーに1時間〜かかってたのでやっぱ空き容量は気にしないといけないですね。

 

PCだとHDDの空きが極端に少ないと同じようにパフォーマンス悪くなりますが、他はどうなんでしょうね。

 

--

amazonマケプレのSDカード買う時は「〜が販売し、amazonが発送します。」になってるものを選びましょう。トラブルが起きた時Amazonが対応してくれる安心感が大事。

 

 



SONYの銀コート線HDMIケーブル DLC-HE20XF を買ってみた

BDレコーダーで撮りためた番組を見てると時々モヤっとしたり3Dでもないのに勝手に3Dに切り替わったりするので故障を疑ってたんですが、自転車部屋のREGZAに繋いでも問題ないので、何が原因なんだろう?と思ってた。

 

そういえばHDMIケーブルが手持ちで一番古いものだった事に気がついた。

違うケーブルに変えた方が良いんだろうな、ということでレコーダーのメーカー同じSONYでちょっと良いやつをゲット。

PS4用と合わせて二本。

 

銀コート線を使ったHDMIケーブルは初めてだけど、交換してすぐに変化に気がついた。

問題だったモヤっとしたりする現象と勝手に3Dに変わるのは解消したっぽい。色が濃くなったかも。

ちょっとびっくりしたのはDVD再生する時はノイズ除去ONにしてたんだけど、ONにしなくても普通に観れる。

音も今まではレコーダー->アンプで繋いでたけど、レコーダー- HDMI->テレビ-光デジタル->アンプの方が鮮度が良い。

イヤホンのケーブルで銅線から銀線、銀コート線に変えると音の鮮度が良くなったり太くなる事は体験してたけどHDMIでも同様なんだな。

 

 

SONY HIGH SPEED HDMI ケーブル 2m DLC-HE20XF

SONY HIGH SPEED HDMI ケーブル 2m DLC-HE20XF

 

 



9月も1000km超えしてた

STRAVAのチャレンジだと未達だったけど、ローラー含めて1000km超えは達成していた模様。

1日で100km走るのもこのまま習慣化できると月間1000kmも続けられそう。

 

現状の課題は補給と回復。

土日休みで土曜100km走るのは問題ない。

問題は日曜。80km位までは良いんだけど、どうも後半背中〜腰に来るんだけどその前にガス欠というか急に力が入らないタイミングが出てくるんだよね。

 

土曜の食事か、回復に問題があるのか、日曜の補給タイミングなのか。

走ってる時の補給で一番良かったのは赤飯のおにぎり。次がカルピスソーダかエナジー系ドリンク。

赤飯はヒルクライムの時もよく食べてたので相性が良いのかも。そういえばスニッカーズも食べてたなぁ。あれは虫歯の治療中にはキツイんだよね・・・

 

いろいろ試してみるか。

 

ルフランの地下迷宮と魔女の旅団

 f:id:afrostyle:20171004194802j:image

vita版をフォロワーさんが激推ししていた、ルフランの地下迷宮と魔女の旅団のPS4版が出たので珍しく限定版を購入してみた。タイトル長!wそしてなんか中二っぽいw

サントラとタロットカードが同梱。

ちょっとびっくりしたのが化粧箱についてる帯の端。

f:id:afrostyle:20171004195024j:imagef:id:afrostyle:20171004195035j:image

 ダークなストーリーの割に可愛いキャラだなー

 

14時間くらい遊んだ状態ではまだ序盤〜中盤の入り口あたりか?って感じだと思うんだけど、ざっくり言うとウィザードリィとかメガテンみたいなダンジョンRPG

ただダンジョンの壁を破壊出来たり、バトル後に経験値を受け取らない「キャリーオーバー」を使うとボーナスがついて一気にレベルアップ出来たり、パーティ編成が最大40人らしいとか今までのダンジョンRPGの常識が当てはまらない。

 

ストーリーもちょっと好みで先が楽しみ。

 

 

 

 

憧れのTIMEを手に入れて一年と半年経ったので機材として評価してみる

f:id:afrostyle:20170928170211j:image

すごく速くなったとかそういうのはないw

自転車の速さはフィジカルの強さであってそこからの機材ってことです。

 

今まで乗って来たフレームとの違い、みたいなのは書けるかな。

比較対象はDOGMA FP、SUPERSIX HIMOD。

IZONと印象が近いのはDOGMA FP。

ピナレロのカーボン初期モデルはTIME製だったのもある。

 

スプリントとかヒルクライムとかはちょっと評価できないのでわりと日常であるケースで比較してみると

 

漕ぎ出し IZON >= SUPERSIX >> DOGMA

突き上げ SUPERSIX >> DOGMA > IZON

旋回 SUPERSIX >> DOGMA = IZON

 

こんな感じ。漕ぎ出しはDOGMAがもっさりしてるのに対してIZONとSUPESIXはスッと出てそのまま巡航速度まであげられる。

突き上げって書いたけど、ここは路面が悪い時の振動がどんだけくるかって事で。DOGMAかなり良かったけどIZONはもっとソフト。なのに芯があって乗りやすい。

 

旋回(コーナリング)はSUPERSIX。コーナーが続く下りはSUPERSIXが気持ち良かった。

とはいえハンドルで曲げるわけじゃないのでヘッドが寝てるDOGMAとかIZONの方が個人的には好み。

 

やっと100km走れる程度の体力がついたとこだけど、これから自転車乗るには良い季節なんでいろんなとこ走ってみよう。

 

NieR Music Concert Blu-ray≪人形達ノ記憶≫

f:id:afrostyle:20170923172427j:image

コンサートはチケットが取れなかったので5/5の2回をニコ生で視聴しました。

 

朗読劇、演奏、歌、会場にいたらきっと涙が止まらなかったでしょう(家で観てて気がついたら涙が出てました)。

 

ブルーレイが出るかどうかはわからない、そんなアナウンスしかなかったのでこうして手元に置いておけるのはとても嬉しいことです。

 

コンサートの演目は毎回の同じですが、朗読劇は毎回違うため、ブルーレイになっても5/5回だけだろう、朗読劇部分は音声だけでおまけっぽくなるんだろう、そう思ってました。

 

が!なんと朗読劇を全公演分差し替えで再生できる仕様になってる!8月の台湾分まで入っているという完璧すぎる仕様。

これはもう周回するしかないじゃないか!

 

4/23回を視聴しましたが、場内アナウンスも収録されていて、コンサートの空気スッと入っていける。

ニコ生では限界があった映像、音声も素晴らしい。

 

Eエンドまで見た人は是非手にとってみてほしい。