お題で記事を書いてみる「何回も見た映画」

お題「何回も見た映画」

 

うーん、なんだろう?最近は映画館にいくことも減り、

firetvでテキトーに見てることが多いから何度も見たい映画って過去に遡らないとないかも。

 

何度も何度も繰り返し見てる映画・・・・

「ロック・ユー」かな。

主人公は今は亡きヒース・レジャー

馬上槍試合が主体だけど、導入部いきなりQUEENWe will rock youで始まったり今までの中世を舞台にした映画とは何か違うと思わせてくれる。

凹んだ時とかみると元気になれる。

 

あとは「ファイトクラブ」、「マトリックス」、「インターステラー」「ゼログラビティ」「ロッキーファイナル」「塔の上のラプンツェル」かな。

 

そういえば好きな映画館では字幕でみて、DVD、BDでは吹替->でみてたりするから最低3回見てるんだけど、恋愛ものだと字幕と吹替でニュアンス変わってるものとかあったりするよね。

 

 

ロック・ユー! [Blu-ray]

ロック・ユー! [Blu-ray]

 

 

 

 

delaと組み合わせるDACを検討してみる

dela n1aを手に入れてからN-50AをUSB DACとして使っているわけですが、ネットワーク経由ならDSDが再生できるのにUSB経由ではDSDが再生できなくなりました。

それとネットワーク経由の方が音の抜け、広がりがあって聴いていて楽しかったんですがUSBではちょっと艶がないというか、あっさりし過ぎているのが気になってました。

 

dela n1aに合う?DACはなんだろう? 

とはいえUSB(DoP)でDSD対応、N-50Aに見劣りしないDACとなると良いお値段になってしまいます。

いずれ、ということで調べていくとoppoのSONICA DAC、nuprime DAC9、 PS Audio NuWave DSDあたりが良さそうです。

 

SONICA DACはESSの最新のチップES9038が一つ。ネットワークもUSBもいける、N-50Aの置換えには良さそうです。別売りのリモコンかアプリで操作することもできるみたい。

oppoは以前ブルーレイプレイヤーを所持してて、出てくる映像は素晴らしかったし、調整範囲も広いし、ネットワーク経由で音楽聴けたり機能面では文句ナシだったんですが、できることが多すぎて器用貧乏になってる感じがしました。

 SONICAもそうじゃないの?ってゴーストが囁くんですよね。

 

nuprimeのだDAC9はnuforceだよね。スペックではSONICAに一歩劣るけどDACとプリアンプになってるのが気になる。

アンプは別にあるしプリが必要かなぁ。今使ってるA-50DAをパワーアンプとして使うでも良いけど、うーん。

内部写真が公表されてないのでそれも気になるところ。

チップはESSじゃなくて旭化成の4490。

XD-05と同じ。ロックとかメタルには合いそうな気もする。

 

PS Audio nuwave dsdは前モデルのnuwave dacdsd対応版かな?

PS Audioは電源ってイメージでしたが、内部写真みると容積のほとんどがトロイダルトランス。DAC-1000に通じるものがある。電源は大事だから音は良さそうだけど、スピード感とか気になるな〜

SONICA、N-50Aと同じくESSのチップを使ってるけど、ES9010K2Mってモバイル用途のチップらしく、どうなんだろう。

他2つと比べるとだいぶお高い。

生産終了で在庫限りになった模様。

後継期はプリアンプ付きで値上がりしてる。むむむー

 

--

N-50Aをあらためて評価してみると、音以外ではAirPlayとSpotifyが使えるのがけっこう便利。

コントロール端子からモノラルケーブルで繋げばアンプの電源からボリュームまでアプリでコントロールできるのはちょっと便利だけど、肝心のアプリがダメダメなんで長所にはなり得ないかw

 

リモコンかアプリでコントロールできるのが理想だけど、delaはそういう機能ないのでどうしても電源を入れる儀式が必要になる。

あんまり考えなくても良いかも。

 

AirPlay重視するかっていうとdelaで音楽を聴いてる時間が圧倒的に長いのでこれも重視するポイントではないね。

 

悩ましいけど、悩んでる時が楽しいw

 

 

OPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC

 

 

 

【国内正規品】PS Audio NuWave DSD ブラック NuWave DSD B

【国内正規品】PS Audio NuWave DSD ブラック NuWave DSD B

 

 

 

NORA JONESとSikThのCDを購入した件

先月はラックを買ったりしたのでCDはちょっと我慢してたんですが、聴いたことないメタルバンドで良いのないかなーとネットを彷徨っていて見つけたのが「SikTh」。

知ってる人からしたら今更?なのかもしれないけど、youtubeで3rdアルバムのTHE FUTURE IN WHOSE EYES?のvividを視聴してたらもうこれ買うしかないだろ!ってテンションで思わずポチってたw

f:id:afrostyle:20171112211225j:image

 

他にもAppleMusicでヘビロテしてるノラのthe fall。ハイレゾ版を買おうと思ったんだけど、AppleMusicには入ってるライヴが配信ではバッサリ。

CDも通常盤はライブがない。ライヴ付きはデラックスエディションになってる。

どうせ買うならデラックスエディションだな。

 

と思ったんだが、デラックスエディションの新品がない(あるけどプレミアついてるのか?かなりお高い)。良品の中古をポチっと。

 

THE FUTURE IN WHOSE EYES?はvividよりほかの曲がメッチャ良くてコレほんとカッコいい。

久々に買ってよかったって思えたメタル。

録音も良くてベビメタと全然違うんですが・・・

the fallはAppleMusicで聴いてたより音の細かさが違ってて、これから寒い日の午後にコーヒーでも飲みながらゆったり聴きたい。

洋楽の方が音良いなぁ。

 

 

The Future in Whose Eyes ?

The Future in Whose Eyes ?

 

 

 

The Fall: Deluxe Edition

The Fall: Deluxe Edition

 

 

 

DELA N1AでCDリッピング機能をためしてみた

f:id:afrostyle:20171106213853j:image

対応ドライブにはもちろん記載されてないけど、mbpについてたDVDドライブを外付けケースに入れたものをDELAにつないでみた。

あっさり認識。

起動ドライブとして認識できるものならOKなんだろうか?

 

f:id:afrostyle:20171106213807j:image

CDを入れるとデータベースに問い合わせ。

今回は宇多田ヒカルの「DEEP RIVER」で試してみる。

dbPowerampに比べるとけっこう遅い。

ただgracenoteが使えるのでデータベースの質は高いのかな。

 

f:id:afrostyle:20171106213825j:image

複数候補がある場合は選択肢が出てくる。

基本は一番上を選べば良いみたいだけど、DEEP RIVERが一番上に出てくるけど、なぜか光とかCOLORSとかも候補に出てるのがちょっと微妙。

 

CDリッピングを使うとimport_cdってフォルダができてそこにデータが入る。デフォルトはflac無圧縮でアルバムアートも付く(データベースでアルバムアートがないのはCDの画像になる)。

CDの取り込みもそこそこ時間かかる。

DELAは音は良いけど、コピーとかは遅いんだな。

 

dbPoweampでリッピングしてDELAとsynologyにコピーするのか、DELAでリッピングしてsynologyにコピーするのか、もうしばらく使ってどっちがいいのかみた方が良さそう。

 

※DELAでimportしたCDはアルバムアートがあるとコピーできないみたい。folder.jpgを一旦削除して自分でファイルを置けばコピーできるようになるらしい。著作権がらみかな。

 

 

アサシンクリード オリジンズ

ルフランの地下迷宮と魔女の旅団は多分ラスボスまで到達したものの、ちょっと強化とか諸々必要そうで手も足も出なかったのとコマンドバトル方式はちょっと飽きてきたので、RPG要素が入ったらしいアサクリをやってみることに。

 

オリジンズはエジプト。OP?でプトレマイオスが出てくるので時代背景とかも興味あるな。

 

ちょうどNHKでピラミッドの特集があったけど、その辺も入ってるようだし。

日本語音声は追加ダウンロードしないといけないのはちょっとびっくりした。

アサクリは1、2、4を中途半端に遊んだのとユニティが積んでるw

 

途中で飽きちゃうんだよね・・・

オリジンズRPG要素があってレベルアップしたり武器、防具を強化することもできる。

今のとこホライゾンみたいに会話のテンポが悪くてイラッとすることもないかな。

 

--

全然関係ないけど、PS Plusで配信されてるカラドリウスが歯ごたえあって面白い。

very easyだと敵弾も破壊可能なのがほとんど。

easyで久々のSTGとしてはいい感じ難易度。

 

MGSVももちろん面白いけど、未プレイの良作が無料(でもないけど)で遊べるフリープレイ、良いね。

 

アサシン クリード オリジンズ

アサシン クリード オリジンズ

 

 

 

DELA HA-N1 AH20 オーディオ用NASを購入

f:id:afrostyle:20171104225902j:image

出物があったので確保。

DELAといえばバッファローが展開してるオーディオ用のブランド。

 

--

ギャップレスとか頭切れとか、もうちょっといい加減疲れてきた。

NP-S303もLANに繋いでるとbubbleUPnPの調子も悪くて次の曲に行ってくれなくなったり、なんだかダメなスパイラルに入ってしまってる。

AirPlayとかUSBDACとして使う分にはギャップレスも頭切れもないのでいっそmbpからUSB接続にするか?

そんな時ふと閃いた。

NASからUSBDACに繋げば良いんじゃね?」

 

早速synologyからA-50DAにUSBでつないでみたけど、認識せず。N-50Aも同じ。

うーん。

手持ちのDACだとXduooのXD-05があったのでXD-05をつないでみる。

synologyのaudioStationで認識、無事音が出た〜

・・・のは良かったんだけど、ディスクアクセス毎にノイズ。曲頭でブツッと大きめのポップノイズ。

ノイズだらけじゃないかー!

USBケーブルを変えようにもXD-05にさすにはAタイプのメスじゃないとダメなのでちょっとすぐには無理。

 

調べてみるとQNAPもASUSTORもUSBDAC接続機能を持ってるみたい。これってネットワークトランスポートってやつじゃない?

とはいえsynologyみたいなノイズまみれはちょっと嫌。

ならいっそトランスポートを買うか?

お手頃だとSOTMのsms-200ってのが諭吉7人位であるけど、ACアダプターなのとラズパイとどう違うんだろう?って感触しかなくてあんま気が乗らない。

レビ

評価が高いのはお値段びっくりだし。

 --

 

そんな時にDELAを思い出した。最初は単なるミュージックサーバーでしかなかったけど、アップデートでUSBDAC接続機能が追加されてる。

 

目を惹く機能としては

  • 電源がACアダプターじゃない
  • UPnPとOpenHome対応(LUMINとかkazoo、kinskyが使える)
  • ギャップレス、頭切れにも対応
  • USBでCD/DVD/BDドライブ繋ぐとgracenote使ってデータ取得、リッピングしてくれる
  • mora、e-onkyo etcから自動ダウンロード

 

これは行くしか〜?と思ったが最近モデルチェンジして2世代目になったようで値上がりしてる。

しばらく現状維持でお金貯めて買うか?

って悩んでたらナイスタイミングで初代の出物が。

というわけで良品をお手頃でゲット。

 

 f:id:afrostyle:20171104225923j:image

7kgもあるので思ったより重い。

LANケーブルと電源ケーブルをつないで電源を入れる。カチっという音。ボタンがけっこう硬い。

起動してると本体がほんのり暖かくなるけど、ほんと静か。

 

肝心のUSBDAC接続だけど、音出しの確認でアンプのDACに繋いでみたらあっさり認識して音が出た。

f:id:afrostyle:20171104233116j:image

これはすごいな。

DSDは残念ながらN-50Aではネイティブ対応じゃないので変換で再生。44.1kHzになっちゃうのでXLDとかでflacに変換した方が良さそう。

それにしてもmbpのUSB接続とは段違いに音が良い。普通にLANでN-50A使った時音に匹敵する。

 

これはすごいぞ!

 

--

データのコピーはだいぶ遅い。USBDACつないでるとさらに遅い。

50GBのコピーに2時間位かかる。

この辺は本来のNASとの違いなのかなーって感じ。

 

でもsynologyに入ってるアルバムをDELAで再生できるのでそんな問題でもなかったり。

 

NP-S303 vs N-50A これは困った [追記あり]

操作性では断然NP-S303。

アプリが使いやすいし、ネットワークオーディオ始めるならオススメできる機種。

ただね、音はエントリー機。

 

N-50Aと比べるとN-50Aは音がスピーカーから前に前に飛んでくる。NP-S303はスピーカーの表面に音がへばりついてる感じ。それが聴き疲れしない要因だと気がついちゃった。

ボーカルだけ聴いてるならどっちでも良いんだけど、シンバルとかバスドラ、特にドラムとかベースは重さとスピードが違う。

DACの差はもちろんあると思うんだけど、N-50Aは電源ユニットをデジタルアナログで2つ持ってて、ヤマハだとNP-S2000みたいな・・・っていうと言い過ぎだと思うけど、物量の違いはわかるものなんだなと思った。

 

もしどっちかひとつしか残せないなら音が良いN-50Aを残す。

けど、アプリがクソ過ぎて純正アプリは使いたくない。操作性良いLUMIN appを使いたい。

が、LUMINではギャップレス非対応、曲によって先頭が飛ぶ。

 

これを解消するにはどうするか?

  • イオニアがDMRモードでギャップレス対応する(これがベストだが期待できない)
  • ギャップレスの音源は全部繋げて1ファイルにしてしまう。サイズはデカくなるけど問題ないか?あと曲毎のタグがなくなるけどどうしよう。FiioみたいにISOイメージが読めれば良いんだけどネットワークプレイヤーで対応してるものはないと思う。
  • 曲の先頭が切れるのは無音を0.5秒位先頭に追加すれば対応できるんじゃないか?無音を追加するかソフトあるかどうかは探さないとダメだけどあるだろう(楽観
  • N-50Aと同クラスかもっと上のクラスでDMRでギャップレス対応してるプレイヤーに買い換える。音が好みかどうかわからんので試聴しないといけないのと最終的にはLINNとか・・・になったりするとコストが半端ない。
  • 上の案と似てるけどネットワークトランスポートにする。DACは一旦アンプ内蔵 or N-50A or XD-05を使う。これも音が変わるはずなので試聴しないといけないので時間はかかる。

 

うーん、どうしたものか。

すぐできる範囲からやってみようか。

 

 --

無音を挿入できるソフトありました。

macだとaudacityってソフトがflac含め対応してるのでジェネレーターで無音を0.2秒ほど挿入してあげるとDMRモードのN-50Aでも頭が切れずに(むりやり無音を入れてるわけでちょっと違うかもw)再生できる。

同じように複数ファイルを結合することもできるのでギャップレスのアルバムは一旦結合してしまえば大丈夫かな。

 

時間の都合で全部つなぐのはやめてアルバムの一部のみギャップレスのものだけお試しでやってみた。

ちょっと古いけど、マクロスフロンティアのサントラでtrack2「Welcom To My FanClub's Night(Sheryl On Stage)」、3「What'bout my star?(Sheryl On Stage)」がギャップレスなんだけど、この2曲をaudacityでくっつけてみた。

メタ情報の編集もできるのでtrack情報は「Welcom To My FanClub's Night(Sheryl On Stage)〜What'bout my star?(Sheryl On Stage)」にした。

f:id:afrostyle:20171030230938p:image

今まではLUMINからの操作ではブチっと切れてたけどこれで問題なし(まぁ力技ではあるけどw)

 

 

 

マクロスF (フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。

マクロスF (フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。