読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次期フレームとご対面

TIME IZON。ワイヤーはリアブレーキライン以外外出し、BB30は妥協ですがKCNCなら大丈夫だろう。
SUPERSIXの時もTIMEは候補でした。いつかは・・・と言うメーカーのひとつですが実際のフレームはエロいですね。

f:id:afrostyle:20160218113342j:image
ヘッド周り。SUPERSIXに比べるとちょっと細めかな。
f:id:afrostyle:20160218113328j:image
ヘッド〜ダウンチューブ&フォーク。
ワイヤー受けがいい感じでした。地味目のカラーですがクリアの光沢感がエロいw
f:id:afrostyle:20160218113355j:image
シートポスト周り。
シートポストは専用品でリアに向けてシェイプした後でバッサリカットされてる・・・エアロっぽいです。
f:id:afrostyle:20160218113408j:image
フォーク。
ACTIVじゃないノーマルを選択したわけですが、クラウン〜ブレード上部のボリュームが凄い。
ブレードの先端に向かってかなり細身になる形状。

TIMEとは縁がなかったわけではなく、ピナレロのDOGMA FPのカーボン部分はTIMEなんです。
ツール・ド・沖縄のダウンヒルで(頭の)ネジが飛んだ状態でノーブレーキで降っても怖くなかったという印象が強くて、フレームはダメになっちゃいましたがTIME製のONDAフォークはまだ持ってたりします。

そういえばリアブレーキラインは内装ですがちゃんとガイドがあってワイヤーすんなり入れられました。
これだったら別に外出しにこだわらなくてよかったかもw

乗れるのが楽しみです。