読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TIME IZON初乗り

ロードバイク
f:id:afrostyle:20160227210102j:image
今週はずっと体調低空飛行で週末をなんとか迎えられたって感じだったので初乗りとは言ってもポタリングに近いサイクリング。

--

まずは気がついていたけど、自分の弱体化が激しい。SUPERSIXよりハンドルは高めのセッティングになってるはずが乗り出しは背中が・・・
5分もすれば慣れてくるものの外を走ってない弊害だなぁ。ローラーだけではダメだということですね。

--

タイヤの空気圧はSUPERSIXの時と同じ5.5bar。
重量的にはSUPERSIXより重そう。

走り出して最初の印象。
ふわふわしてる。
これは空気圧かな。明日は6barで走ってみる予定。

いつものコースで序盤はこの時期向かい風。
もともと下ハンずっと持って走るタイプなんだけどIZONはDOGMA FPと同じようにちょい重いギアでも次の脚が出てくる感覚があるな。
SUPERSIXは重いギアだと向かい風区間が終わる前に自分の脚が終わるので一枚下げて、っていうのを自分で選択する必要があった。
IZONだとダンシングを混ぜて走ればギアを落とさずに走れる気がする。
結果的には速いんだろうな。

コーナリングはSUPERSIXスパっと切り込む感じでサドルの後ろ目に座るとコーナリングマシンってくらい面白い位攻められたけど、それとは反対。ワンテンポ遅い。
でもこれってDOGMA FPも一緒でワンテンポ遅いことで先を見て走るようになる。挙動が遅いわけじゃないしコーナーへの侵入は鋭利じゃないけど、考えて走れば大丈夫なレベル。
DOGMA FPはイタリアンらしくスタートダッシュが弱かったけど、IZONはそんなことないからコーナーで減速→ダッシュで追いつく、みたいなクリテでよくあるシーンはさほど問題じゃないかも?

--
写真撮ってて思ったけど、どーもまとまりが・・・
バーテープがなんとも安っぽい。
フレームがシックなカラーだからバーテープももうちょい考えた方が良いな〜