PLUTO

Netflixにて

漫画はだいぶ前に読んだ記憶はあるものの印象はだいぶ薄れてしまっている

浦沢作品だとMONSTERが好きだけどあれも記憶は薄れてしまってるな〜

PLUTO自体はアトムのひとつのエピソードで手塚作品部分は子供の頃読んだ記憶がある

ただ浦沢作品だとだいぶ人間味があるというか、ゲジヒト視点のミステリーとして再構築されてるのもあってまた違ったテイストでイイ

「憎しみでは何も変えられない」

っていうわりとありきたり?なテーマではあるものの次が気になってみてしまう

1話あたり1時間近いので全8話みるとけっこうなボリュームになるので何もやることない休日とかに集中してみるのが良いかも


www.youtube.com

ARMORED CORE Ⅵ FIRES OF RUBICON original soundtrack

10月配信、というからずっと待っていた

配信は10月31日、間違ってはいないけど日付のアナウンス欲しかったな〜w

サントラ自体はdigital deluxe editionにも含まれるけどこちらはmp3なのでエルデンリングと同じようにロスレス以上で配信されるのを待ってた

31日にはロッシーしか配信がなくてガッカリしたけど11月1日にはototoyロスレス配信が始まっててGJ!

早速ポチってDL

個人的にイチオシはチャプター2のグリッド86でかかる「Dosers On The Grid」 定番?だけど「Steel Haze」もイイ

ゲーム中は音楽聴いてる暇がないくらいの場面が多いのでサントラでゆっくり聴けるのは良いね〜

viaでMac、Winどちらでも英語、日本語入力を簡単に切替できるようする

こちらの記事を見ててk8 proの左右コマンドキーを使ってMacで英語、日本語入力切替できるようになった blog.skeg.jp

左のコマンドキー:MT(MOD_LGUI,KC_HANJ)

右のコマンドキー:MT(MOD_LGUI | MOD_RGUI,KC_HAEN)

これをWindows10環境でもできたらいいな〜と思って少し試行錯誤してみた

WindowsレイヤーではコマンドキーをWinキーに入れ替えてるのでALTキーに二つの役割を当ててみる

左のALTに英語も割り当てる MT(MOD_LALT,KC_HANJ)

右ALTに日本語も割当 MT(MOD_LALT|MOD_RALT,KC_HAEN)

MOD_XGUIをMOD_XALTに変えただけだったw

これでWindows環境でも普通に英語、日本語入力切替が同じようにできるようになったのでヨシ

ブギーポップは笑わない オリジナルサウンドトラック

ブギーポップのサントラは2つあって、というかアニメ化は2回されててどちらもサントラを所持してるw

先にアニメ化された時のサントラはサントラというよりコンピレーションと言った方が良い感じでFlare(ケンイシイの別名義)から始まりAudioActive、ススムヨコタ、レイハラカミetc…といった良い感じのアーティスト並ぶ

multi mijkと並んで好きなアルバムでふとした時に聴きたくなる

本題に戻ってブギーポップ

2回目のアニメ化では音楽は牛尾さん

ピンポンとか聲の形とかも牛尾さん

電気のサポートメンバーだったりagraphだったりもして個人的にはとても好き

ケンイシイも最近劇伴やってたり好きなアーティストがゲーム以外にもやってくる、それだけでワクワクする

また脱線したので話を戻そう、ブギーポップ

2回目のアニメ化自体は世間的にはそんな盛り上がらなかったかもしれない

個人的にはサントラはかなり気に入っててふとした時に脳内で再生されてたりするくらいには気に入ってる

IFIXIT MAKO

購入は去年

精密ドライバー自体は数本持ってたけどよく使うものはまぁ良いけどほとんど出番がないものもグリップまであるとかさばる

ビットだけ交換できて磁石でくっつけてくれるタイプが良いな〜と思ってたところでIFIXITにたどり着いた

MAKOは64のビットがついてる

がよく使うのは5つくらいw

最近NUCとかミニPCをよくいじってるのでコレはとても重宝してる

あとメガネ、サングラスのネジなんかもコレで調整してる

グリップの質感が良いのとビットがネジを拾ってくれるのは便利

IFIXITはI fix it、なんだけど最初どう読むんだろう?と思ってたのはナイショw

少しお値段高いけど長く使うものだし良い買い物だったと思う

intel nuc 13

ROCK(Roon optimize core kit)をNUC12からNUC13へ載せ替えてみた

ROCKのサポート一覧にはまだNUC13の記載はないのであくまで自己責任だけど、12世代との違いはCPUとLANのチップが異なるくらいなのとコミュニティ内でも動作確認が取れてるので大丈夫かな

BIOSのアプデ、セキュアブート、WiFiBluetoothを無効化

これはNUC12でも同じ

メモリとストレージはNUC12からそのままNUC13へ載せ替えたんだが普通に起動してCoreとして認識された

ひとまず120時間程度連続稼働してるけど特に問題なし

NUC13に入れ替えてみての印象だけどまずファンが静か

NUC12でもASUSのPN50でも起動時とかはファンの音が聞こえてたけどNUC13はBIOS開くと聞こえるくらいでROCKで運用してる分にはとても静か

アルバム追加して4コア当てて解析しても同じ

基本的な発熱が少ないのかファンが静音タイプになったのか?

排熱口に手をかざしてもそこまでぬるい風が出てくるだけなので発熱が少ない、かな

音もNUC12に比べてロー側の解像度が上がった気がする

zen streamくらいのお値段で十分に音が良いのでこれは良い買い物をしたな〜

今まで使ってたNUC12はWindows環境として使う予定

keychron k8 pro キースイッチとキーキャップを変えてみた

k8 proは毎日使っててとても気に入ってるんだがENTERキーがぺこぺこすることに気付いた

厳密にはNUCとかのBIOS UPDATEとかで連続で反応してしまうことがあってどうやらその頃からキーキャップがゆるかったのかも

キーキャップはPBTのOSAを探してみたんだが付属のセットは完売、となると形状が近いOEMかそもそも違う形状にチャレンジするか

ひとまずOEMとKSA、そしてついでにキースイッチも茶軸以外も試したくて銀軸も買ってみた

OEMはいわゆる標準的なキー形状で前に使ってたRAZERとかと同じ

角が丸くないのでちょっと違うかなぁ

KSAはタイプライターみたいな傾斜がついてて角が丸くなってるのとトップも少し凹んでて指に馴染む

あーこれだわ

銀軸と合わせるとキー自体は背が高いのに速く反応してくれるのでキータッチが軽くて良い感じ

お試しで一部銀軸にしてみたら茶軸部分でけっこう違和感があったので100個入りのとKSAの違うカラー、スイッチプラーもポチっとw

キーボードひとつしかないのにキーキャップが4種類もあるww

これが沼かぁw

全てのキー、スイッチをはずして

これもいいな〜

ESC、ENTERを他と合わせてこう

銀軸とKSAで仕事してみたけどKSAは背が高い分反応が速い銀軸はあってる感じで手の負担が減った気がするw

スイッチプラーはちょっと高いけどあるとスイッチ外すのがすごく楽なのでメカニカルキーボードでスイッチ交換してみたいなら持ってると良いかも

キーキャップ、キースイッチはsuper kopekさんがお値段もお手頃で発送もめちゃくちゃ速いのでオススメ