狼と香辛料

まおゆうがけっこう好きだったのと、原作?を読みたくなったので漫画版をポチっと。

 

正直いうとちょっと期待してたものとは違った。

アニメもチラッと見てたはずなんだが、オリジナルの部分だったのか、読んでてそれっぽいところがなかった。

経済の話もどっちかっていうとそこまで多い感じでもなく、危ない橋を渡ってる感がすごかった。

 

まおゆうが丁寧に噛み砕いてくれてるのとはちょっと違って自分でも頭をひねって見ないとちょっとわからないところも多少ある。

 

ホロと同様な使徒?みたいな存在がそれなりに存在してるのもなかなか微妙。

コイツらをダークな方面に向かわすとベルセルク的な世界観になりそう・・・

 

とはいえ作品としてはなかなかに良かった。

 

狼と香辛料(16) (電撃コミックス)

狼と香辛料(16) (電撃コミックス)

 
狼と香辛料 コミック 1-16巻完結セット

狼と香辛料 コミック 1-16巻完結セット

 

 

 

WF-1000XM3 雑感

通勤と仕事中、休日の移動で使ってみたので雑感など。

 

音切れに関していえばある。

te-d01dは切れたら電源オフ->電源オンで再接続だったけどWF-1000XM3はプツプツと途切れる程度で問題なし。

渋谷センター街が一番切れるかも。

te-d01dではよく切れた半蔵門線は今のとこ問題なし。

オフィスでもなぜか切れたんだが、会社でイヤホンヘッドホンOKなのでみんな使ってるからその影響はあるかも。

 

ノイキャンに関してはヘッドホンには敵わないものの、現状完全ワイヤレスではこれ一択というか。

WI-1000Xでは聞こえなかった足音がけっこう聞こえるのでまだまだなところはあるけど、ファームで変わる可能性もあるしもう少し長い目でみてもいいかも。

 

音はノイキャンの効果もあって低音がしっかり出る。te-d01dより最小音量が小さいので耳が痛くなる事もなくて◎

ノイキャンのメリットはボリュームを上げずとも音楽を聴ける事だと思ってるので十分じゃないかな。

 

充電ケースけっこう大きく感じたんだけどジーンズのポケットには余裕で入る。

改善してほしいところがないわけじゃないけど、満足ではある。

 

 

 

ハードコアメカ クリア

普通に面白かった。

操作感はやっぱヴァルケンっぽい気がする。

ベタベタな感じではあるけど、王道メカものって感じで好みはあるかもしれないけど、好きな人はけっこう好きなんじゃないかな〜

 

武装をフルに生かして行く感じなんで慣れるまではちょっと大変だけど、コツがわかれば大丈夫だと思うけどそれなりに難易度高いかも。

 

特殊兵器がまだ埋まってないので埋めるまでやるかどうかはちょっとわからないけど、2000円のソフトとしては十分元が取れたと思う。

オーディンスフィアみたいにキャラ毎のストーリーとかあればやってみたかったな〜

YAMAHA WXC-50 雑感

Spotifyradiko、テレビの音声からNASの音楽再生まで使い勝手がいいのでついつい使ってしまう。

音はdela&qutestには敵わないし、ラズパイのI2S DACにも一段と劣る。

それでもNP-S303みたいに音に不満があるわけでもないのでちゃんと聴きたいって時以外はこれで十分とも思う。

 

ラズパイから一段落ちるのにどうして?って思うかもしれないけど、気軽にSpotify聴きたい時にラズパイに向き合わないといけないのがちょっと面倒でw

ラズパイはWOLに対応してないし、電源切る前に自分でシャットダウンする必要がある。

WXC-50はアプリ上で電源オンオフできるし、WOL対応なのでスマホSpotifyから再生先としてWXC-50を選んで再生すると電源が入って以前再生してたとこから再生してくれる。

 

ラズパイとかPCオーディオは音質を追求するために設定とかノイズ対策、電源周りまで色々と手がかかる。あーあとカッコイイケースがない、っていうか選択肢少ない。

結局のところ楽しみもあるけど、ちゃんと向き合うばっかりは疲れてしまうし、何も考えずに好きな音楽をボーッと聴きたいこともあるっていう。

矛盾してるけど、欲張りだからどっちも欲しい。

 

というわけでWXC-50は音はそこそこ、使い勝手◎って事でなかなか満足です。

 

--

WXC-50をプリにしてI22をパワーアンプにしてみた。

音が濃くなる感じは良いんだけど、ちょっとうるさく感じる。

ボリュームはI22でコントロールした方が良さそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハードコアメカ

連休前に風邪をひいてしまい、喉の痛みがひどくてモンハンやってる時咳き込んだりすると倒せなかったりするのでモンハンはちとお休みして、ポチったもののやってなかったハードコアメカを進めてみた。

 

2Dサイドビューアクションだけど、カットシーンもあってもちボイス付き。

操作してる感じはヴァルケンとか近いかも。

でもビジュアルはスパロボ路線かな??

難易度もそれなり高くてボタン連打で突破できるのは序盤くらいかな。

 

ストーリーは王道そのもので、戦友、ライバル、捕虜救出、大気圏突入、主砲発射、止まるんじゃねえぞ!まである。

シングルプレイヤーモードのストーリーがどこまで続くのかわからないけど、これだけ詰まってて2000円は十分安い。

 

PS4オンリーなのがなんか不思議。

 

少女☆歌劇レヴュースタァライト サントラ&劇中歌アルバム 購入

f:id:afrostyle:20190715011712j:imagef:id:afrostyle:20190715011721p:image

再放送ではじめてみたわけですが、Bパートでいきなり始まる「アタシ再生産」からの地下劇場バトル。

え?!なにこれウテナ??なんでキリン????

みたいな感じで気がついたらサントラと劇中歌アルバムをポチっとりました。

 

サントラは日常曲がメインなのでわりと聴きやすい。

対照的に劇中歌の方はバトル曲なので二転三転したり。

正直上手いって感じではないと思ったけど、なんか聴かせるものがあるというか、サントラから続けて聴くとキリンからのメール〜再生産〜劇中歌と繋がるので違和感なく聴けるというか。

 

 

 

 

WF-1000XM3 やっと出た本命ノイキャン完全ワイヤレス

f:id:afrostyle:20190712215742j:image

もっとかかると思ってたし、きっと他社がクアルコムのチップを使ってくるのが先かなーと思ってたのでだいぶ予想外だったけど、発表があったその日に予約。

 

11日に先行販売だって話だったけど、1日遅れの今日無事受け取れました。

購入したのはプラチナシルバー。

f:id:afrostyle:20190712215748j:image

思ったより小さいパッケージ。

ケースはte-d01dより大きめ。

 

早速ペアリングしてみたけど、ノイキャンはWI-1000Xと同等以上ありそう。

アンビエントとボイスフォーカスがすごく便利そう。

あとは地下鉄で片側だけ切れたりしなければ良いかな〜