アコリバの電源タップ YTP-6Rを買ってみた

電源の取り方でノイズフロアが下がることがわかったのでノイズ源達を収容するノイズフィルター付きのタップを買おうと思ってたんだが、いろいろ見てたらアコリバ のタップでノイズが下がるけどノイズフィルターを使ってるわけじゃないので音が痩せたりしないって情報を見つけちゃった。

これはもしかしてdelaのノイズを下げつつアンプとDACも同居できるのでは???

 

お値段的に検討してたものの5倍くらい。

ちょっと高いが、試してみる価値はあるんじゃ?

と思いポチっと。

 

箱は至ってシンプル。現状オーディオ系に使ってるMTB-6と比べてだいぶ軽い。

f:id:afrostyle:20190419092152j:image

6個口だけどバータイプじゃないので軽いけど安定感はありそう。
f:id:afrostyle:20190419092148j:image

MTB-6(手前)、YTP-6R(奥)

f:id:afrostyle:20190419092541j:image

 

さて、タップの交換で変わるものか?

変わる!機器入れ替え以外ではここ最近で一番変わった。

予想通りdelaのノイズは気にならなくなった。

 

それでいて音色がよりカラフルに、低音の出方もナチュラルで良い。

アコギやピアノがこんなに心地よくなるとは思いもしなかった。

 

MTB-6は良く言えば派手な音、悪く言えば抑圧感、強調感がある。

YTP-6Rは自然で音が伸び伸びと鳴る。

 

なんでここまで違うのか?

やはり、というか使われてる部品が違う。

例えばコンセント。

YTP-6RはフルテックのFPX(cu)。これは

無メッキ。

MTB-6はオヤイデのSWO-DX ULTIMO。

こっちは銀とロジウムの2重メッキになってて、銀メッキだけでも音が変わるのに、ってあたりで察しが。

 

ノイズに関してはMTB-6も内部に電磁波吸収テープが使われてるけど、YTP-6Rに使われてるグリーンカーボランダムの方が効果があるようだ。

 

お値段的にはMTB-6が上なんだけど、単純に高ければ良いってものでもないってことなのかな、これは。

 

オヤイデ電気 電源タップ MTB-6

オヤイデ電気 電源タップ MTB-6

 

 

 



 

final E3000

auの2年契約でもらったギフトが今月末までで、引換できるものを見てたらfinalのE3000が。

ギフト3000ポイントに毎月の支払いで自動的に貯まっていくポイントから700ポイント足して引換してみた。

 

f:id:afrostyle:20190419092013j:image

f:id:afrostyle:20190419092010j:image

finalのイヤホンは試聴はしてたけど実際買ったことはなくて初めて所有する。

E3000は下にE2000があるけど、この辺まではリケーブルできない。

 

このシリーズは試聴したことすらないけど評価は良さそうなので楽しみにしてた。

 

--

なんとなくラズパイのAVIOT DAC 01にさしてSpotifyで音出し。

最近ワイヤレスが多かったけど、やっぱ有線には敵わないなー

音の広がりが良くて、細部まではちょっと物足りないところがあるけど、悪くない。

RHAのS500あたりと価格は同じだろうと思うんだが、E3000の方が良いね。

 

final E3000 カナル型イヤホン FI-E3DSS

final E3000 カナル型イヤホン FI-E3DSS

 

 

 

続電源のとりかた

電源のとりかたで音が変わることがわかったので試行錯誤してるわけですが。

 

BDレコーダーの電源をテレビ、PS4、ハブ、ラズパイが刺さってるタップから取るようにしてたんだが、予約録画が始まると音がざわつくというか。

ノイズフロアが上がってくる感じがする。

 

やはりハブの電源と同じところからとってるのでノイズが入ってきてしまうのかな〜

 

ということで、BDレコーダーの電源をノイズ源達が集まったタップに移動してみた。

 

移動後

オーディオ系(MTB-6)

・アンプ

DAC

・dela

 

テレビ関連他(OCB1)

・テレビ

・ハブ

PS4

・ラズパイ

・Switch

 

ノイズ源達(OAタップ)

・モデム

ルーター

・synology

・BDレコーダー

 

予約録画が始まってもノイズフロアが上がってこない。

ただ、録画してたのを見るときは映像とか音声にノイズが混ざってる感じが。

BDレコーダーから電源以外で回りこむ可能性があるのはLAN(これはルーター直なので関係なさそう)、HDMI、アンテナ。

アンテナ経由できてる場合は地上波みててもノイズがありそうなんで、これは除外。

となるとHDMIかな。

音声はアンプDACに光で繋いでるのでノイズには強いはずだけど、送り出し元の質が悪くなればどうしようもない気がする。

 

ふと気がついたのはOAタップは3ピンで繋いでるのでアースが悪さをしてる可能性。

以前MTB-6を買った後でブーンってノイズが乗ってたけど、アース繋がないようにしたら解消したのでこれは試してみる価値あり。

 

あとはそもそも論だけど同じタップに繋がってる機器のノイズがすごい、とか。

モデムはレンタルなので手の出しようがないけど、ルーターとsynologyはまぁノイズ源ではある、よな。

 

どっちも12VのACアダプターなんでifi iPowerに変えるって手はありそう。

でもsynologyは電流が足りない可能性がある。

 

よくよく考えたらAmazon primeとかNetflixで観れる番組は録画予約してないので、BDレコーダーを辞めてnasneにしちゃうのがベターな気がしないでもない。

ラーメン已己巳己(イコミキ)

オフィスが移転してランチを開拓してるわけですが、某放送局とか出版社とかがあるせいかランチにはことかかなそう・・・なんだけどコレ!ってところはけっこう並んでていつ入れる事やら。

 

そんな中でフラっと入ったラーメン屋がけっこう好きな感じだったのでメニュー制覇してみた。

 

ベースになるのかな、煮干し醤油ラーメン。

醤油はあっさりなのに出汁が濃くて続けて食べたくなる。

f:id:afrostyle:20190414222757j:image

タンメン。

煮干し醤油ベースなので出汁が濃くて良い。
f:id:afrostyle:20190414222751j:image

 

味噌。

f:id:afrostyle:20190414222806j:image

個人的味噌は北海道系じゃなくて青森のが好き。

欲を言えば蟹味噌が一番。

なんだけど、ここのは出汁が濃いせいか今まで食べてきた味噌の中でもかなり好み。

 

コレは良いとこ見つけたかも。

 

aviot dac 01 購入

hifiberry digi+ proが落第したのでmsberrydacを使ってたんだが、ケースが活かせないのはすごく残念。

なのでaviot dac 01をポチってみた。

ついでにラズパイももう一台追加。

f:id:afrostyle:20190413215213j:image

msberrydacとaviot dac 01。

f:id:afrostyle:20190413215222j:image

どちらも電源にこだわってるI2S DAC

ラズパイからの電源供給を自分でなんとかしてるmsberrydacとDACボードから電源をとってラズパイ本体に供給してるaviot dac 01。

 

さて、どちらが好みの音を奏でてくれるのか。

 

--

組み上がり。

hifiberry digi+ proと違ってでっぱりがない。

f:id:afrostyle:20190413225131j:image

aviot dac 01はcase 01と組み合わせる前提のパネルが付属してる。

これがかなりぴったりでイイ。

 

早速音出し。

 

もうね、hifiberry digi+ proと違いすぎる。

msberrydacとも違う。

 

濃い。

それでいて細部が潰れてない。

あっさり爽やかなmsberrydacとすごく良い勝負。

 

ただ、case 01と銅板の効果かもしれないけどノイズフロアがすごく低くてざわざわした感じがしないのですごく聴きやすくてボリューム上げてもうるさくない。

これは良いな〜

msberrydacもそれ用の金属ケースが出てるのでケースに入れた状態で比べてみたい。

 

 

 

 

hifiberry digi+ pro

到着当初は濃い音で良いな〜と思ったものの、聴き込んでみると細部が塗りつぶされてる感じがしてアレレ??実はそこまで良くないんじゃ??という疑惑が。

 

そこでmsberrydacに戻してみたり、USBでqutestにつないでみたりして聴き比べてみた。

 

 

・・・・

 

 

あぁやっぱり。

Spotifyであってもはっきりとわかってしまうあたりラズパイけっこうすごいかも。

 

qutest(USB) >> msberrydac > 超えられない壁 > hifiberry digi+ pro(

TOSLINK or COAX)

 

hifiberry digi+ proを通すと濃いと感じたのは細部がなくなってしまっているから。

USBでqutestに繋いだ時は細部がしっかりあるんだけど、何が違うんだ・・・とはいえUSB接続できないのでこのパターンはなし。

 

現状ではmsberrydacを使った方が良いんだけど、こないだ買ったaviotのcaseに入らない。

うーん。

 

ifi iPower 購入してみた

以前買ったハブのACアダプターが横に刺すタイプで地味に邪魔だったのと、ハブの電源でも変化があるらしいので確かめてみるべく・・・ハブ本体よりお高いのでけっこう悩んだけど、ポイントがけっこう貯まってたのでポイントと引き換えにポチっと。

 

f:id:afrostyle:20190412140907j:imagef:id:afrostyle:20190412140916j:image

なんかいろいろコネクタが入ってていろんなタイプに使えるみたい。

ハブには特にアダプターつけなくても刺さったので使ってないけど、付属品なしで少し安く・・・なるといいな。

 

--

オーディオ的には正直変化がわからない・・・んだけど、テレビでは変わったのがわかる。

テレビも電源ノイズの影響って受けてるんだねぇ。

うーん、そうなるとBDレコーダーとsynologyが結構なノイズ源になってそうな気が。

 

電源周りも分けてしまった方がいいのかもねぇ。