LOXJIE P20 真空管ヘッドホンアンプを買ってみたら予想以上に良かった件

ヘッドホンアンプを探してて、RNHPとかHA501の中古でも買おうかな〜と思ってたらお手頃でパワーがありそうなのをフォロワーさんに教えてもらったのでポチっと。

 

f:id:afrostyle:20190218003040j:image

LOXJIEて聞きなれないメーカーだし、1万円で買えるアンプなのにバランス対応、電子ボリュームと至れり尽くせりすぎてなんか怪しいと思ったけど届いてみたら案外普通でいい意味で期待を裏切られた。

 

真空管は実は初。

交換できるみたいだけど、真空管の方が高くなったら嫌だなw
f:id:afrostyle:20190218003048j:imagef:id:afrostyle:20190218003037j:image

必要最低限の入出力。

こういうシンプルなのイイ。

バランスはDACからだったら出せるけど、対応してるヘッドホンがないんでアンバランスで。


f:id:afrostyle:20190218003044j:image

まずはFiioX7のラインアウトから出してP20〜DT1770。

ボリュームは-0が音量MAXで-60がMIN。

電子ボリュームだけあって、軽いけどギャングエラーがないのはすごくイイ。

この時点でFiioX7のアンプモジュールとは比較にならないというか。DT1770ってこんなに良かったっけ?!と思うくらいには違うと思う。

何枚かアルバム聴いててどうもFiioX7の動作が不安定なのでトラポをラズパイにチェンジ。

 

ラズパイ(msberrydac)-> P20 -> DT1770

FiioX7からラインアウトするのと音の質がだいぶ違う・・・やはりDAPは所詮DAPなのか・・・

ラズパイ恐るべし。

 

ラズパイをトラポにするとNASのデータやSpotifyも聴けるのでいろんなアルバム聴いてみたけど、スピーカーで聴いてると歌い手の口元、楽器なんかが感じられることがあったりするけどそこまではない。

でも聴いててヘッドホンを外すタイミングがなかなかなくて。ついつい聴き入ってしまうくらいにはイイ。

 

--

前持ってたオルトフォンのhd-q7よりいいんじゃないかと思う。

RNHPとかHA501は聴いたことがないのなんとも言えないけど、1万円でこれだけのものがあればコレで十分なんじゃ、とも思う。

 

ちょっと良いヘッドホンアンプ探してるなら、LOXJIE P20おススメです。

 

 

 

 

AVITO TE-D01d で通勤してみた結果 確かに切れない!

f:id:afrostyle:20190213101313j:image

早速通勤で使ってみたところ、WI-1000Xで音切れが発生していたラッシュ時の地下鉄ホーム、渋谷駅周辺、マークシティでも特に切れることなく快適だった。

切れにくいのは本当だった。

 

地下鉄で使っててやはり気になるのはゴーっという音。

ノイキャンがないので当たり前なんだけど、ノイキャンが大事なのはこういうところ。

 

イヤホン単体の音としてはやはりTE-D01dの方がWI-1000Xよりいい気がする。

これにノイキャンついたら最強なんじゃ、と思ってしまう。

 

 

 

完全ワイヤレスイヤホン AVIOT TE-D01d 外で使ってみた

f:id:afrostyle:20190210195711j:image

出かける用事があったので2時間程使ってみた。

ケーブルがないのは思った以上に楽。

首を回したりする際にネックバンド型だとケーブルが引っ張られるから仕方ないんだけど、気にはなる。

軽く走ったくらいじゃポロっといかないので装着感は悪くないと思う。

音もSONYのWI-1000Xより良いかも。

 

ノイキャンがないので外音は普通に聞こえるし、騒音は気になる。

今日は電車乗ってないけど、地下鉄とかはノイキャンの方が良さそうだなーとは思う。

 

あと地味に困るのがコンビニとかのレジ。

ネックバンド型だとイヤホン外してぷらーんとさせてればいいんだけど、完全ワイヤレスなんで外してポケットに入れるってわけにもいかず、音楽止めてイヤホンつけっぱだと相手によって声が聞き取り難いかも。

 

ケースをポケットに入れておいてレジ待ちしてる間にしまうとか。

TE-D01dはケースに入れても電源オフにならないのでそれでも良いのかもな〜

 

外で使ってみるケーブルがないのはすごくいいし、音も悪くないんで完全ワイヤレスってどうなん?って人には値段も安いしオススメかも。

 

--

ケースにしまう時、フタをしめる前に電源切った状態のイヤホンを充電用の接点接触させてしまうと電源オンになってしまう。

そのままフタしめるとフタ開けた時自動でペアリングしないので一瞬壊れた?と思うことが一回あった。

 

取説には書いてないので、Q&Aとかでもいいのでのせといてほしいな〜

 

--

追記。

TE-D01dとiPhoneで使ってるけど、ウチは音楽をSynologyのDS216jってNASに入れて管理してるので音楽聴くときはDS Audioってアプリを使ってる。

TE-D01dのボタンで一時停止するともう一回押しても再生出来ないことが多くて、たまに再生できるみたいな。

サードパーティアプリなんで仕方ないかもしれないけど、WI-1000Xの方がこの辺りはアドバンテージがあるかな。

 

 

 

 

AVIOT TE-D01d を買ってみた

朝から雪でしたが、午後は時折舞う程度だったので近所の量販店へ。

最近気になってる完全ワイヤレス。

いつもの店員さんがいたので気になってるモデルを一通り試聴させてもらった。

やっぱケーブルがないって良いね〜

今使ってるWI-1000Xはノイキャンワイヤレスで快適ではあるんだけど、ネックバンドから出てるケーブルがあるわけで、これが地味に邪魔だな〜と感じることがしばしばある。

 

去年は完全ワイヤレスだとAirPodsくらいしか選択肢はなかったわけで、1年経って果たして選択肢は増えたのか?

 

聴いてられたのはB&Oゼンハイザー、AVIOT、あたりかな〜

今日発売のAVIOT TE-D01dが一番お手頃だったのでそのまま購入。

f:id:afrostyle:20190210005953j:imagef:id:afrostyle:20190209214515j:imagef:id:afrostyle:20190209214511j:image

ダークルージュってカラーらしいんだが、アイアンマンカラーだw

 

ケースにもバッテリーがあって収納すると充電するようになってるのは共通仕様っぽいね。

ペアリングは左右でする必要があって、片側だけペアリングするとケースから出したタイミングでどっちが先に電源入るかで接続できたり、できなかったりする。

この辺なんとかならんかなーとは思う。

 

ペアリングできてしまえばあとは普通に音楽聴ける。

とりあえず近所を歩いてみた感じでは音切れは発生しない。

これはまぁWI-1000Xでも同じ。

音切れが出るのは地下鉄とか都心。

こればっかりは通勤で使ってみないとわからないので休み明けに検証してみよう。

 

音の方は思ったよりいいというか、WI-1000Xに比べるとあっさり目で聴き疲れしなそう。

音圧はそれなりにあって、スマホのボリューム調整だともうちょっとだけ下げたい!ってとこが調整できなかったりする。

ノイキャンがない分音量上げてしまいそうなんでちょっと気をつけた方がいいかもね。

 

 

 

聖飢魔II 入門教典~THE BEST OF THE WORST~

朝から雪ですなー

このところ陰陽座がマイブームでSpotifyで聴いて良ければ近所でレンタル->リッピングかCDをポチっと、の流れですが、ふとそういえば子供の頃友達が聴いてた聖飢魔IIも実はメタルなんじゃ??と思ったわけです。

 

とはいえちゃんと聴いたことはないし、パッと出てくる曲は蝋人形の館くらいのもの。

そもそもデーモン閣下しか知らないしねw

 

近所のレンタルで一枚だけあった聖飢魔II 入門教典~THE BEST OF THE WORST~を借りてきた。

 

f:id:afrostyle:20190209150610j:image

あーやっぱメタルじゃん。しかもわりと正統派。

ストーリーがあったりするのはシンフォニックメタルっぽくもあり、日本にもこんなバンドがあったんだ〜と。

音はこじんまりした感じではあるけど、さらっと聴き流せる良いバランスだと思う。

 

Spotifyにもいくつかあるんで、聴いてみようかな〜

 

 

聖飢魔II 入門教典?THE BEST OF THE WORST?

聖飢魔II 入門教典?THE BEST OF THE WORST?

 

 

 

スピーカーセッティングあれこれ

f:id:afrostyle:20190209022935j:image

スピーカー周りのセッティングをいじってみてどう変わるのかいくつか試してみたのでまとめてみる。

スピーカーはVienna Acoustics Haydn、スタンドはTAOC EST-60HL。

 

まずは基準としてスタンドに直置き。

デッド(響かない)になって空間が狭い。

音色がモノクロっぽいというか。

 

インシュレーターにアルファゲルを使用。

元はNASの振動対策で買ったもの。

アルファゲルを入れるとデッドだけど、トルクがあって、なお細かなところまでピントが合うというか。ノイズザラザラした感覚もよく聴こえる。

デッドなので空間狭い。

音数が多い曲なんかは聴きやすくなった。

これはこれでありだと思う。

 

インシュレーターにAT-6099を使用。

ライブ(響く)気味になるせいか空間が広く、ホワイトノイズ、ウィスパーボイスの空間に拡散されていく感覚が心地良い。

トルク感はアルファゲルの方が良好。

今の好みはAT-6099かな。

 

f:id:afrostyle:20190209024549j:image

ふと上位モデルのカタログを見てて、スタンドの柱の角度で音が変わるって記述を見つけてESTでも効果があるのか試してみた。

 

実は今まで柱とプレートは平行?にしてた。

平行をやめてみると、今までソフトフォーカスだったのがもう少しピントがあって若干トルクが上がった。

 

セッティングで変わるってのがわかるといろいろ試行錯誤したくなるな〜w

 

 

 

audio-technica ハイブリツドインシュレーター 6個1組 AT6099

audio-technica ハイブリツドインシュレーター 6個1組 AT6099

 

 

Aisin Takaoka アイシン高丘 【TAOC】 ESTシリーズ スピーカースタンド(ブラックメタリック)[1台] EST-60HL
 

 





 

Nedry In a Dim Light

f:id:afrostyle:20190202152844j:image

AppleMusicで聴いてた頃からCDがあることは知ってたんだけど、前作のCondorしか売ってなくてずっと入荷するのを待ってた。

いっそ個人輸入?とかも考えたんだけど、送料考えると高いし、flacでいいから配信ないかな?とも思った。

bandcampにも一応いるんだけど、アルバム配信してない。

 

そんなこんなで2年くらい。

ふとAmazon見てたら在庫ありになっててついでにagraphのthe shaderも入れてポチっと。

f:id:afrostyle:20190202152805j:image

 

待望の、まではいかないんだけどこみ上げる思いはあって小さな達成感というか。

 

やはりというかCDがイイ。

今年はアモアマもアルバム出すみたいだし、アルバム購入の年になりそう。

 

 

In a Dim Light

In a Dim Light