ハッベル HBL 8115V

ふと思いついて電源を取ってる大元の壁コンセントから変えてみようと思って週末に一気にやってしまった。

オーディオとテレビ周りのコンセントは3ピンが使えるタイプに。

でも丸型のものは二つさせない。

実家とかならコンセント交換しちゃえばイイじゃん、と思うんだが賃貸なのでコンセント交換は出る時元に戻さないといけないし、何よりもっと弄りたくなってしまうだろうし、際限なくなると家建てた方が〜みたいな感じになっちゃいそうで嫌。

現状不満があるわけじゃないし、ある程度制限があってその中で遊ぶのが楽しいわけで。

とことんまでやるならいくらあっても足りない世界だしw

 

というわけで制限の中で調べて用意したのがコレ。

f:id:afrostyle:20200120124730j:image

ハッベルのHBL 8115V。

ピンは明工社のプラグと同じ真鍮で無メッキ。新品なのにちょっとくすみがあったので磨いてから使う。

f:id:afrostyle:20200120124726j:image

丸型と二つさせるし安定感がすごい。

上のプラグは明工社のものなんだが、2ピンで使ってたのでアースピンがなくて、オヤイデのとはピンの互換がないので一旦そのままにしてある。

 

いっそP-037とかに変えればと思って変えてみたけど、coldrainがキンキンするので普通のがイイ。

これは近々交換するとしても一旦はコレで。

 

一回明工社からHBL 8115Vにつけ変えてみたんだが、これはこれで良くてロック、メタルはすごいノリノリで聴いてて楽しい。

が、ちょっとうるさい。

細部はノリで潰されてるからサントラ聴くにはちょっと。

同じ真鍮なのにけっこう違うもんだ。

ジョデリカより好みかもw

これで分解能が高いとより聴いてて楽しいと思うんだがそういうのどこか出してないですかね。

傾向としてはFI-11がちょっと近いかも。

ただ、明工社のプラグと比べるとハッベルちょっと高い。ジョデリカほどではない。

 

結局テレビ系のAT-PC600のコンセント側につけて使ってるんだが、これはもうJPA-15000を超えてきてる。

金メッキがなくなったのでほんの少しあった赤のくすみ?もなくなって色抜けが良い。

若干ビビットっぽくはあるけどこってりではない、かな。悪くない。

 

切り落としたモールドプラグ見てたら、HISAGOって・・・

f:id:afrostyle:20200120130242j:image

JPA-15000と実は兄弟だったのか。

ケーブル自体の太さが違うからJPA-15000の方が上なんだろうけど、モールドのプラグは振動とか考えるとあんまり良い感じではないのかも。

 

 

HUBBELL スタンダード電源プラグ 8115V

HUBBELL スタンダード電源プラグ 8115V

  • 出版社/メーカー: Hubbub Inc.
  • メディア: エレクトロニクス
 

 



 

エリア88

今まで何度か良いよーと教えてもらったことがあったんだけど、絵が受け付けないと思ってずっと読んでこなかったんだが、新しいことにチャレンジしようということで読み始めてみた。

 

まずはAmazonでポイントが多めにつくらしいので1〜5巻から。

 

絵はなんか昔の少女漫画っぽいというか、手塚作品と近いものがあるような。

とりあえず受け付けない、ってことはなさそうなので読み進める。

1、2巻だと面白いかどうかまだわからない・・・がなんとなく巌窟王っぽいストーリーなのかな〜と思う。

 

3巻後半でだんだん面白くなり4、5巻は続きはよ!って感じにw

この時点で最後の13巻までポチった。

 

5巻では巌窟王ってイメージからは脱却してる感じ。

そして人によっては受け付けないかもしれないが、湾岸ミッドナイト的なテイストが出てきて個人的には好き。

 

さぁ先がどうなるのか、どう終わるのか。

楽しみだ。

 

 

 

 

JODELICA ETP-320CU ジョデリカをお試し

FI-C15 NCFを試してオヤイデ、FURUTECHと国内メーカーのものは試したわけで、そうなると気になってくるのが海外メーカー。

ジョデリカとかよく聞くけど使ったことはないわけですよ。

 

f:id:afrostyle:20200118100214j:image

ETP-320CU、一番安い無メッキのものをゲット。

電極は電気銅ってなんか聞き慣れないもの。

ようはタフピッチ銅でリン酸銅より銅の純度が高くいいやつと言いたいようだ。

 

持った感じはFI-11より重い。

オヤイデのC-037と同じくらい。

f:id:afrostyle:20200118100537j:image

見た目はFURUTECHの方がイイ。

ジョデリカはちょっと安っぽい。値段は倍くらい。

 

付け替えてみると電極に固定する金具の精度なんかはオヤイデ、FURUTECHがやはり良い。

ネクターとカバーを固定するネジも一回転で進む量が多いのでちょっとビビる。

 

さて音出ししてみると、FI-11と遜色ないくらいの空間。音色は暗め。分解能高め。ハイの抜けが良いと思う。

暗さからくるのかドラムを叩いた時FI-11はかっ飛んでくる感覚なんだが、ETP-320CUは若干デッドなのか飛んでくる感覚はない。

 

ロックとかメタルはFI-11の方が好みかな〜

荒々しさみたいなもの以外はETP-320CUの方が良いかも。

 

数時間聴いてFI-11に戻してみたけど、FI-11の方が好みだった。あれー???w

ジョデリカはやっぱ暗い。わかりやすいのはピアノ。

 

思ったけどジョデリカはタップまでのケーブルに使うプラグではないかも。

暗い感じがあるのでベースから暗くなってしまうと全体的に暗さが付き纏うので楽しい曲も楽しくない。

 

分解能の高さは良いので上流の機器で明るすぎる傾向のものと合わせるとベターなんじゃないか?

あとケーブル自体のポテンシャルを引き出してくれるって意味では塩田電線だと正直物足りない。

手持ちだとJPA-15000なんか色付けがちょっとあるので無メッキプラグに付け替えると合いそうだけど、まだ買ったばかりで勿体無い。

 

--

結局FI-11に戻ってしまったw

 FURUTECHが好みなのかな〜??

とはいえFI-C15はそうでもなかったのでFI-50とFI-11がたまたま好みだったということだろう。

 

プラグ、コネクターもだいぶ沼ってきてると思ったのでこの辺でやめておこう思う。

今後付け替える場合妥協しないならFI-50、多少妥協するならFI-11という結論になりそうだ。

 

JODELICA(ジョデリカ) 電源プラグ ETP-320CU

JODELICA(ジョデリカ) 電源プラグ ETP-320CU

  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

FURUTECH FI-C15 NCFをお試し

FI-50 NCFがすごくよかったので電源タップ側のケーブルもNCFにしたら良くなるのかなー?と思ったんだが、FI-50 NCFはお高いのでお手頃なFI-C15 NCFを試してみることにした。

f:id:afrostyle:20200117122526j:image

 

FI-C15系は丸型じゃないのでPS4 PROにも使えそう。

アースだけYラグ接続だけど、2ピンしか接続しないのでYラグはそのまま。

FI-11から付け替えてみるとボリュームが下がった。厚みもなくなった。

細部はよく出てくるけど、ロジウムメッキでよくあるキンキンした感じはない。この辺はFI-50と近い。

 

バランスはFI-C15の方が良さそうなんだが、2、3時間経ってもどうも聴いてて楽しくない。

やはりFI-50とは明確な差があるんだろうか。

 

FI-11と付け替えて聴き比べてみると聴いてて思わず身体が動いてしまうのはやっぱりFI-11。

細部も実はさほど変わらなかった。

 

電極とかコネクターの質はFI-C15の方が良いと思うんだが、そうなると気になってくるのが構造の違い。

FI-11、FI-50は丸型の大きなボディ。

FI-50はアースジャンパーとかクランプ部分が金属とプラ?ポリ?でかなりしっかり固定される。

FI-11はボディがポリなのでアースジャンパーはないし、クランプはシンプルなものだけどしっかり固定できる。

 

電極とコネクターの素材はFI-C15 NCFとFI-50は同じだと思うんだが、FI-50は最初から次元が違う感じがしたのはNCF以外の影響がそれなりにあるって事か。

 

FI-11の前にシェルターのコネクターから本についてたオヤイデの真鍮無メッキコネクターを使った時もそれなりに変化を体感できたので案外構造からくる振動耐性が音の変化に盈虚やするのは間違いなさそうだ。

 

FURUTECH ADL  NCFシリーズ ハイエンドグレード インレットプラグ ロジウムメッキ処理 FI-C15NCF-R

FURUTECH ADL NCFシリーズ ハイエンドグレード インレットプラグ ロジウムメッキ処理 FI-C15NCF-R

  • 出版社/メーカー: フルテック(FURUTECH)
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージ

f:id:afrostyle:20200115123109j:image

菅野よう子ベスト、と言ってもいいんじゃないだろうか。

CD3枚組で2枚は割と真面目?3枚目はお遊びっぽい感じで聴いてて楽しい。

聴いてると、あ、これは持ってる、これは持ってない、何の曲だっけ・・・みたいなカタログとして使えるw

これのおかげ(せい)でエスカフローネTVシリーズのサントラ全部買いましたw

 

--

ふとNASのライブラリーを見るとジャンルではサントラ、メタル、エレクトロニカの順で持ってるアルバムが多い。

ちょっと前までエレクトロニカとサントラが多いとは思ってたけど、メタルがかなり増えてきた。

それでもサントラが1番多いわけで、サントラスキーなんだなw

今年も早速サントラ3枚買ってるしw

 

 

 

 

 

 

ファイアーエムブレム 風花雪月 9時間ほどプレイ

9時間ほど遊んでみた。

最初の2時間くらいはなんか十三機兵とかAIソムニウムと比べてしまうことが多かったけど、だんだん気にならなくなってきた。

 

バトルパートは十三機兵より難しい。

詰将棋みたいな面白さがあって、弓とか魔法ユニットをどう使うか、機動力が高いユニットは大きく動けるけど孤立しやすいので袋叩きにあったりするw

難易度をカジュアルにしてるからユニットはやられても復活するけど、上の難易度では復活しないとか相当厳しいな。

このゲームなめたらイカン。

 

ADVパートはちょっとまだよくわかってないけど、エーデルガルトがイイね。

思ったよりも人間関係ドロドロしてて、貴族と平民という枠だけでなく各キャラクターの考え方も違うし個性がけっこう描かれてるのはすごいかも。

 

これまだ序盤って感じしかしないけど、1クラス終わるのにどのくらい時間かかるのかな・・・

3クラスでそれぞれストーリーが変わってくるだろうからこれはかなりの時間泥棒の予感。

 

DLCも出てたのでエクスパンションパスを購入。

 

 

 

ファイアーエムブレム風花雪月

今更だけどNintendo  Switch  onlineに加入したのでカタログチケットを購入、早速だけどちょっとやってみたかったファイアーエムブレム風花雪月を引き換え。

 

ADVパートとバトルパートがあるのは十三機兵と似てるかな。

SFとファンタジーの違いはあるかもだけど、ちょっとまだ良くわかってない。

ファイアーエムブレムって相当昔からあるタイトルだけど、触れるのはこれが初。

 

選んだ学級でストーリーが変わる?みたい。

けっこう評価が良いみたいだけど、まずは何も予備知識いれずにやってみよう。