読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チカラを使わないペダリング

世間的にはGW3日目とかだったりするのかな〜
今年も仕事がみっちりなのでただの中休みです。

それにしても良い天気。これは外走らないとソン!
というわけで若干ポジションをいじりながら140km弱のライド。
行きは追い風、帰りは向かい風。
しかもアップダウンつき。

いつもなら向かい風になった途端30kmphがせいぜいですぐおなかいっぱいモードなんですが、今日は違いました。
なんかね、気がついちゃったというか・・・
「押してダメなら引いてみろ」的な。

自転車だと「踏んでダメなら引いてみろ」ですねw

ハンドル押す、引くは良く使うんですがペダリングにおいてそれは今までなかった発想。
(過去走れた時は自然に脚が降りてくる、って感覚だったので自然に引けてたのかも)

登りでハンドルを引く、脚を引く、あれなんかタレない。
だんだんタレてくるけど、いつもより脚もまわってるし気持ちスピードも速いきがする。
太腿の前側がはったり、変にチカラが入った感じもなく、実はこれがチカラを抜くってこと??

向かい風区間も脚を引く、だけ意識して踏むことを意識しなくなっただけでいつもだったら家の20km前位でポタリングペースになってしまうのが随分良いペースで帰宅できました。

ただ、背中とケツがもう筋肉痛ですw
あと消費カロリーがなんかすごいことに。。
大きな筋肉を使えるようになったってこと、なんでしょうね。
GW中は引く、を意識して走ってみようかな。