steam環境へ本格的に移行 久々のデスクトップPC NEXTGEAR 購入

事前調査で分かったけど1080pでも内蔵GPUではキツイ

そうなるとグラボ搭載したPC、となるとeGPUか普通にデスクトップか

eGPUはthunderbolt必要なもののNUCに追加でGPUを利用できるが箱が増えてしまうのとケースとグラボで結局いいお値段になってしまう

フルHDで60FPSならコンパクトなGPD G1とか良いな〜と思ったけどノートPC用のGPUなのでいずれ買い替えないといけなそうだし、素直にデスクトップにすることにした

4K60FPSを基準にするとGeForceなら4070SUPER以上、AMDだとAFMF使えば...みたいな感じだけどAFMFも万能なわけではなく遅延もあるみたいなので素直に4070SUPERに決定

あとは自作かBTOか....自作してた頃からもうだいぶ時間も経ってるし保証も3年とかつけたいところなのでBTOかな....

ということでBTOを色々検討した結果

NEXTGEAR購入〜

NEXTHEARはマウスコンピューターのEC限定商品でryzenオンリーでカスタマイズが限定的

保証はマウスの他のと同様3年

5700X、4070SUPER搭載モデルからメモリを16GB->32GB、WiFi、ファン->RGBファンへカスタマイズした

5700XモデルはチップセットがB550でメモリはDDR4、m2の増設スロットがgen3×2で若干残念な部分もある

ゲームする上でDDR5である必要性はまだないと思うしAM5モデルはm2の増設スロットがないみたいなので悪くない選択じゃないかと思う

初期設定後PS5で増設してたm2 ssdを取り付け

gen4×4を3×2で使うのはもったいないと思うけどSATAのより高速なのでまぁヨシw

早速AC6をプレイしてみたんだが4K60FPSでもCPU、GPU温度ともに安定しててファンの音も気になる感じじゃないし良い感じ

MHWも4K60FPSでヌルヌル動く

ディスプレイが60FPSまでだけどコレはゲーミングモニターが気になって来ちゃうな〜w

steam環境へ本格的に移行 事前調査&準備

インディーズはすでにsteam環境へ移行しつつある

Switchは任天堂タイトル専用、PS5からsteamへ移行する予定

そもそも何でsteamへ?

PS3 -> PS4へ移行した時PS1、PS2PS3のソフトは遊べなくなった

PS5はPS4のソフトは遊べるもののPS5のソフトはPS5コントローラーじゃないと遊べない等制限がある

Switchなんかもそう

ゲーム機は下位互換がどんどんなくなるので新型ハードに買い換えるとソフトも買い直しになったり遊べなくなるのが多い

AAAみたいなのは良いと思うんだが古い弾幕STGが好きで今でも遊びたいって時移植されるのを待つか諦めるしかない

steamというかPCの場合はハードの世代交代でも遊ぶ方法があったりして遊べなくなることはほとんどない

コントローラーも好きなコントローラーを使いたい

この辺りがsteamへ移行する理由としては大きいかな〜

手持ちのハードでどこまで動くか検証

サマーセールしてたらのでいくつか買ってみた

現状使ってるIntel NUC12で果たして動くのか?

結論から言うと動くには動く

起動すらできない、みたいなことはないのでそこはクリア

ただMHR、P5R以外は1080pでも厳しいのと解像度も画質設定も最低まで下げても厳しい

P5Rでは1080pでも60FPSに届かないがアクション主体じゃないのでひとまず遊べると判断

エルデンリングはだいぶしんどくてコレならPS5の方がマシw

来年のモンハンワイルズもだけどエルデンリング、AC6あたりは4k60FPSで遊びたい

そうなるとそれなりのGPUが必要かな〜

西川 anymat

マットレスはずっと西川AIRを愛用してたんだが最近どうも腰周りの沈みこみが深い感じで睡眠の質も下がってきてた

またAIRを買っても良いと思ったんだが西川のサイトをみてたらanymatってお手頃で高反発なマットレスが出てる

シングル、セミダブルで1万円台、ダブルでも2万円台前半とマットレスとしてはかなりお手頃なのでひとつ買ってみることにした

圧縮袋で届くので開けて本来の性能に戻るまで72時間ほど

寝てみた感想だけど思ったより良い

ヘタったAIRと比較しても仕方ないとは思うけどAIRのように点で支える感じではない分、やや硬めには感じるが身体が痛くなるようなこともなく良いマットレスだと思う

何より安い

耐久性どれほどかまだわからないけどしばらく使ってみようと思う

一周回って?OCB-1STへ

以前壁コンセントをGTX-D NCFってオーディオ用のお高いコンセントに変えたり電源タップもRTP4 absoluteってお高い電源タップに変えていたわけですが....

オーディオ周りのこだわりが薄くなってきたことだし、壁コンセントをマンションに元々ついてたものへ戻してみたところどうも今までと音が違うw

しかもメインじゃなくてSONOSのw

なんでー??と思ったけど、あれコレだったら電源タップも高いやつじゃなくても良いんでは?と思ってチクマのeminent-6、オヤイデのOCB-1STと試してみたんだがどうもOCB-1STのコンセントをパナのWN1512kに変えた状態が空間、明暗の表現が良くてそのまま使うことにした

コンセント自体の個性があるのは知ってたつもりだけど、暗方向へ意識が向きすぎてて明方向への認知が全くなかった

明暗のどちらもってのは難しいのかもしれないけど結局パナソニックが1番無難なのか....

ADK Suoni SN-2060

オーディオ周りがシンプルになったので幅の広いTVボードでなくても良いな〜と思いだしてから色々見てた

オーディオ用だとサウンドマジックがお値段は手頃で良いんだけど、以前使ってた時の印象があんまりよくなかったので却下

家具でも棚板のサイズで選んでいくとけっこう良いお値段になってしまう

そうなるとオーディオ用のラックで後から棚板を増やせる構造のラックも選択肢に入ってくる

朝日木材加工のADKが家具がメインなのもあってかデザイン的にもお値段的にも良い感じ

Suoniあたりは棚板も今使ってるTVボードと同じくらいの厚みだし耐加重も100kgで良さそう

ということで3段のSN-2060を買ってみた

組み立て、設置後

受け取った時思ったより軽くて大丈夫か?と思ったけどポールがアルミ、棚板は60cmなので今まで使ってたものより軽くなるのは当たり前か

棚板は枠と実際機器を載せる部分で分離しててアクセントとしては良いと思う

以前使ってたサウンドマジックは組み立て中から棚板に傷がついたりして気になったけどそういうこともなし

ポールの精度も悪くない

機器の設置ももちろん問題なし

棚板の質感も良いし良い買い物をした

↓はSN-3060

Roonのメリット、デメリット

Roonを使い出して2年半

そろそろメリット、デメリットがわかってきたのでまとめてみる

メリット

UX

ローカル、サブスクを横断した検索、アーティストはもちろん参加アーティストへのリンク等メタデータへのアクセス、ここがRoonの1番の魅力だと思う

OpenHomeだと検索はメディアサーバー次第なのでサブスクも含めて横断検索することはできなかった

メタデータもアクセスできない

ローカルとサブスクを横断してって点ではSONOSが実現してて対応してるサブスクもとても多い

ただメタデータへのアクセスはできないので今聞いてるアルバムのベースの人が参加してるアルバムを探す、みたいなことはできない

出力が柔軟

ネットワーク経由だとRAAT(Roon Advanced Audio Transport、対応してるのがRoonReadyだったりRoonBridge)に比べると音質は劣るもののAirPlay、chromecastなんかにも対応してる

家のどこにいても音楽聴けるのは良い

同じ規格ならグループ化したり、RAATで聴いてたアルバムをAirPlayの出力に切り替えて続きを聴く、みたいなこともできる

出力に合わせて自動的に変換してくれるのも便利

例えばAirPlayは44/16みたいなやつ

DSD対応してない出力だったらPCM変換してくれる

逆に出力が対応してる最大までアップコンバートするとかも可能

ARC

スマホで外で音楽聴きたい時も家のライブラリにアクセスできる

個人的には外で聴きたいアルバムは事前にダウンロードしておいてオフラインで聴くようにしてる

デメリット

Roon自体のライセンス費用がかかる

試用期間もあるが月額だと$14.99、年額は$12.49/月、ライフタイム(買切り)は$829.99

tidal、qobuz、kkboxを使う場合はそのコストもかかる

使い出して1ヶ月でOpenHomeよりはUX面で圧倒的に使いやすいのもあって、たぶん5年くらいは使うだろ〜と思ってライフタイムに切り替えたので現状はサブスクの費用しかかからない

が、ライフタイム自体はRoonの長期的な収益にはならないので今後どうなるのかはわからない

音質がいいとは限らない

ここは突き詰めていけば違うのかもしれない

RAAT以外にHQPlayerを組み合わせるとかもできるので高音質化することはできると思うがコストがどんどんかかってしまう

PCが必要

Core(現状はRoonServer)はx86もしくはApple siliconのCPU搭載機でないと動かない

x86のCPU搭載NASでも動くけどミニPCより非力なものが多いのでミニPCを使った方が良いと思う

PCが必要、ということは必然的にPCの知識がある程度必要になる

WindowsMacでRoonServerを動かすのはインストーラーをダウンロードしてくれば良いだけなので簡単だと思う

ある程度知識があればRoonが用意しているROCK(Roon Optimized Core Kit)が良いと思う

アプデによる音質変化、不具合がないと言えない

最近のアプデでも * アルバムが分割されてしまう * アルバムアートが消えてしまう

みたいな不具合があった

アプデによる不具合は他でもあるのでなんとも言えないところ

複雑にもシンプルにもできる

柔軟な反面やろうと思えばいくらでも複雑にできる

対応しているサブスクが少ない

国内で正式にサービスしてるのはkkboxのみ

tidal、qobuz...qobuzはいつからなんだろう?

kkboxは国内向けはロッシーなのとお試しした時は表示されるのに再生できないアルバムとかあってまだまだな感じだった

自分なりの落とし所

  • intel NUCでROCKを使う
  • RAATは使わずROCKからUSB DACへ接続、DACとアンプの電源を入れれば音楽が聴ける状態になる
  • 操作はiPhoneiPad、時々MacWindowsから

HQPlayer

HQPlayerはNeoStreamのRoonReadyで音切れが発生するので一時期使ってたがやめた

HQPlayerもROCKみたいなHQPlayer Embeddedがある

NeoStreamと合わせて使う分には良いけどUSBでDACと直接接続した場合は電源を切ると次使う時は再起動が必要だったりして手間が増えるのが嫌だった

音に関してはRAATよりはアップデートの影響を受けにくい印象

ネットワークもシンプルに

オーディオ用のハブも結局使わずにルーターからROCKへ直接LANケーブルで接続してる

RAATを使う場合はハブを入れた方が良い気がするが機器を減らしてシンプルにした方があれこれ悩まなくて良い

Graycano Dripper (グレイカノドリッパー)

去年からずっと気になってたドリッパー

入荷待ちで待ってたけどやっと入手できた

けっこうポップなパッケージw

グレイカノの特徴

アルミなので熱を保持しやすい、リブがV字になっていて抽出が少し遅い、こと

熱を保持しやすいってことは成分が溶け出しやすいので成分が溶け出しにくい?浅煎りで酸味、甘味、フレーバーを引き出しやすいってことになるんだと思う

逆に深煎りだとネガティブな面も出やすくなるから難しいかも?

という仮説を立ててみたんだが実際に淹れてみるとパカマラは高温で淹れた方が酸味、甘味が立って美味しい

フレーバーはそうでもないかも

味の傾向としてはカリタウェーブで淹れた時の味と近いような

ただ酸味の出方は独特な気がする

試しに中煎りも淹れてみたけど若干苦味が出てきたので浅煎り特化、みたいな部分はありそう

何にせよ淹れ方次第というか使いこなしが難しそうなドリッパーかな〜という印象

エチオピアはV60で淹れても後半詰まって抽出が遅くなることが多いけどグレイカノも同じ

現状は抜けが遅いことで華やかさが消えてしまっているのでここだけ解決できれば...

シバリストを使え、ってことなんだろうけどアバカをたくさんストックしているのでアバカでなんとかしたい

こういうの考えるのは楽しいw

逆にあれこれ悩みたくない人は買わない方がいいかもw